【書評】「本当の自由を手に入れるお金の大学」で経済的自由を目指せ!(要約)

書評
悩む人
悩む人

「老後2000万円問題が不安・・・」

「このまま会社と自宅を往復する日々が続くのか。。。」

「資産形成に興味があるけど、何からやればいいんだろう?」

老後2000万円問題を筆頭に、暗いニュースが非常に多い中、
私たちの将来に対して漠然と不安を抱く人は非常に多いと思います。

そのような悩みをお持ちの方こそ、この本を手に取って頂きたいです。

この本を読むべき人

・将来について金銭的な不安を抱えている方
・経済的自由に近づきたい方
・初めてお金に関する本を読む方

早速見ていきましょう!

この本から得られること

この本を読むことで、次の知識を身に着けることができます。

経済的自由を手に入れるための5つの知識

①貯める力
②稼ぐ力
③増やす力
④守る力
⑤使う力

節約術や投資など、ある要素に集中しているのではなく、
5つの力をバランス良く身に着けることができる事がこの本最大の長所です。

出典:リベラルアーツ大学HP

GOOD POINTS

節約術や資産運用に特化しておらず、お金に関する知識を1冊でバランスよく学ぶ事ができる

著者紹介

大事なお金の話をするわけですから、
書籍内容の信頼性を担保するために、著者の方の情報も気になりますよね。

この本の著者は、リベラルアーツ大学学長の 両さんです。

両学長ですが、youtubeのチャンネル登録者数が本ブログ執筆時点で、なんと173万人です!

両学長は日々お金に関する有益な情報をわかりやすくYoutubeで発信しています。
興味がある方は、是非一度見て下さい!

初心者の方にもわかりやすく解説した動画が非常に多く、
初めてお金について学ぶにはピッタリのYoutuberと思います。

日々、お金初心者の方に情報を発信している両学長だからこそ、
この本が初心者の方にもわかるよう、わかりやすく書かれています。

残念ながら中身をお見せすることはできませんが、会話形式で、図も非常に多く、
この本が初めてのお金関連の本となる方にも、必ず理解できるように、解説されています。

筆者の方は登録者170万人越えYoutuber。書籍内解説のわかりやすさはお墨付き!

僕がこの本で学んだ3つの事

僕がこの本で学んだ事は、次の3つです。

・稼ぐ力の不足
・実はほとんどの保険は不要
・人生を豊かにするためにお金を使う

稼ぐ力の不足

現在の自分は「貯める力」・「増やす力」に一辺倒で、「稼ぐ力」が不足しています。

経済的自由を達成するためには、「増やす力」の原資となる「稼ぐ力」が必要です。
なぜなら、「稼ぐ力」があれば、株や不動産などの「資産」、
金のなる木を多く購入することができるからです。

「稼ぐ力」には次の2種類があります。

・給与所得=会社などに勤務して得る収入
・事業所得=副業などの個人事業で得る収入

自分には、前者の給与所得しかなく、「増やす力」の種銭不足に陥っていることは間違いないです。

給与所得のみでも、時間を掛ければ経済的自由は達成する事はできるかもしれませんが、
事業所得が月に数万円でもあり、そのお金を投資に回すことができれば、
確実に経済的自由までの道のりは短くなります。

僕は、この気づきから、副業とは言えないかもしれませんが、
フリマアプリで不用品の売却を実際に始めました。
(書籍内でもフリマアプリでの不用品の売却は初めの一歩としておすすめされています。)
実は本ブログも、この「稼ぐ力」の一環だったりします。。。(小声)

書籍内では、副業選びのポイントや、おすすめの副業、NGな副業も紹介されています。
「副業やらなきゃ!」と思う読者の方に先回りしてくれるところが、この本のすごいところです。

実はほとんどの保険は不要

人生において、必要な保険は以下の3つのみとのことです。

・生命保険(自分が死亡した際に、困る家族がいる場合のみ)
・火災保険
・自動車保険

なぜなら、保険とは低確率・損失大のリスクに備えるものだからです。

生命保険・火災保険・自動車保険で対象となるリスクは、
万が一、当たってしまうと、人生がオワってしまうほど大きなリスクです。

この3つ以外の主要リスクは、日本の社会保険でしっかりとカバーされています
(病気やケガ、障害、死亡、失業、介護、出産など)
学校では教えてくれませんが、日本の社会保険制度はとびきり優秀です!

僕自身、入社した直後に、不要な民間保険に加入してしまい、
月▲1000円も余分に払ってしまっています。
そもそもこの保険自体一回も使ったことがなく、カバーされるリスクも公的保険で十分カバーされているので、次回更新のタイミングで解約するつもりです。

リスクをちらつかせて、私たちの不安をあおって加入させようとする保険会社はいくらでもいます。
全てが悪ではありませんが、不要な保険に入るくらいなら、
保険金を投資元本にしてお金を増やしたほうが、将来のためになると思います。

人生を豊かにするためにお金を使う

お金はあくまでもツール(道具)にすぎません。
経済的自由を目指す過程から、「お金」自身が経済的自由の目標にならないようにする必要があると改めて思いました。(過去の自分はお金を少しでも増やす事自体が目的化していました。)

もちろん、お金を増やす事自体は悪くないことですが、
仮に経済的自由を達成したとしても、その後が幸せとは限りません。
(自由ゆえの、不安や孤独が生まる場合があるそうです。)

自分の心が豊かになるお金の使い方とは何か?と考えながら、
ベストなお金の使い道を今のうちから実践していく必要があると感じました。

少し本の趣旨から脱線するかもしれませんが、お世話になった両親へのプレゼントなど、
将来できないことに、今お金を使うことも、悪くないことなのかなと思いました。
(その分、自分の経済的自由は少し遠のくかもしれませんが。。。。)

まとめ

この本を読むことで、将来への金銭的不安に対して、
今から何を・どのようにすべきか学ぶことができます。

著者の方が大手Youtuberということもあり、初心者の方にも非常にわかりやすく解説してあります。

学校では教えてくれないお金の知識を、バランスよく・わかりやすく教えてくれる至高の一冊です。

皆さんもお金の大学を読んで、経済的自由への最初の一歩を共に踏み出しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました