PS5って実際どう?1年使ってみた感想&レビュー(PS4との比較)

PS5

2022年1月でちょうど僕がPS5を購入してから1年が経過しました。

1年というちょうどいいタイミングなので、今日は、PS5を1年使ってみた感想を正直に書いていきます。

PS5の購入までは、初期型PS4を5年程使用していたので、PS4と比較して説明します。

✔この記事の読者

・PS5の購入を検討している人
・PS5のメリット・デメリットが知りたい人
・PS4との違いが知りたい人

良かった点と悪かった点に分けて説明していきます。
早速見ていきましょう!

良かった点

先ずは、PS5を買ってよかったところです。

ロードが爆速

PS5にして一番良かったと感じた点は、何と言っても、ロードが爆速な点です。

体感スピードとしては、一瞬or数秒で全てのロードが完了します。

なぜなら、PS4では記憶媒体がHDDという古のものから、SSDに変更されたからです。
尚、実際の読み込みスピード(転送速度)の違いは100倍以上との事。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ph8LyNIT9sg&t=1450s

ただし、この爆速ロードはPS5専用タイトルでしか本領を発揮できません。
PS4のソフトをPS5で遊ぶ場合には、PS4のソフトはPS5に最適化されていないため、爆速ロードの恩恵を最大限受ける事はできません。
(もちろん、数秒ほどは早くなりますが、PS5専用タイトルほどではありません。)

PS4タイトルをPS5で遊んでロード爆速化を期待している人は、くれぐれもご注意下さい。

この爆速ロードで感じたメリットは↓の通りです。

・ゲームのプレイ時間が増える
・ゲームがすぐに始められる

PS5になってからは、明らかにロード画面を見ている時間が減り、ゲームをプレイしている時間が増えました。PS4でのゲーム時間の10%以上はロード時間ではないか?と思う程に、PS4のロード時間はひどかったなと改めて思います。
(特にブラッドボーンのアプデ前のロード時間は最悪でしたよね。)

ゲームがすぐに始められるのも嬉しいポイントです。
PS4のゲームはロード時間が長すぎて、ちょっとゲームをやりたい時なんかはかなりストレスでした。
PS5になってからは、任天堂スイッチのような感覚で、直ぐにゲームが立ち上がり、ゲームを始めるまでにあったストレスが確実になくなりました。

ゲーム体験に不要な待ち時間が減ったこと、これがPS5最大のメリットだと思います。

静音性

PS5はこの大きな見た目に反して、非常に静音性がすぐれています。

サイズ比較 右:PS4 左:PS5(色々散らかっていてスミマセン)

なんでも、本体を冷やすために、このビックボデーが必要だったとか・・・

僕の使っていたPS4初期型は、非常にうるさく、負荷の思いゲームをプレイすると、ちょとした掃除機みたいな感じになってしまっていましたw

実際PS5はどうなのかというと、負荷の大きいときは少しファンが回る音がしますが、それ以外はほぼ無音です

PS4時代はファンの音がうるさすぎて、スピーカーでゲームをせずに、毎回イヤホンをしていましたが、この静音性のおかげから、外部スピーカーでストレスなくゲームをすることができるようになりました。

また、友達とボイスチャットをする時には、マイクがPS4のファンの音を拾ってしまってネタにされていましたが、そんな事も一切なくなりましたw

騒音レベルでうるさかった起動音が大きく改善、ほぼ無音に近いレベルでゲームプレイにしっかり集中することができます!

デュアルセンスによる没入感

出典:DualSence ワイヤレスコントローラー公式サイト

デュアルセンスとは、PS5コントローラーの事です。
このコントローラーには、ハプティックフィードバック・アダプティブトリガーという新機能が備わっており、没入感を高めてくれます。

詳細が知りたい人に向けて、公式サイトのリンクを貼ります。
(すごく簡単に説明すると、コントローラーの振動がすごくリアルになって、トリガーの感触もゲームのシーンによって抵抗感が変わり、臨場感が増すという機能です。)

実際に、この機能に対応しているゲームでは、明らかに没入感が違いました。

ゲーム内でのキャラクターの感じる細かい事象が触感として伝わってくることで、純粋にキャラクター動かす喜びもありましたし、なによりゲームの世界観に没頭できました。
(キャラクターの動きのスピード感や銃のトリガーの触感は序の口、天候や地面の感覚まで伝わってきた時には鳥肌が立ちました。)

この機能自体はすごく素晴らしいのですが、難点として、十分にデュアルセンスを活用できているゲームが少ないように感じます。

ファーストパーティー製のタイトルは概ね非常に素晴らしい出来でしたが、サードパーティー製のタイトルでは、正直デュアルセンスの機能で僕を唸らせくれたタイトルはゼロです。

恐らく、Playstation Studio以外のゲームメーカーでは、PS5専用のタイトルは少なく(PCやXboxとのマルチが多い)、デュアルセンスに特化したゲーム開発は行っていないことが原因だと思いますが、今後良くなっていくことに期待です!

悪かった点

結論ですが、PS5はPS4と比べてイマイチだったところはほぼありませんでした。

しかし、少し気になるポイントがあったので、紹介します。

ほこりが非常に溜まりやすいデザイン

PS5のデザイン自体はすごくかっこよくてお気に入りなのですが、少しほこりが溜まりやすく手入れが面倒な点が残念です。

購入からそれなりに使用してきましたが、ご覧のあり様です↓

置き場所は少々考えた方がいいかもしれません

しかも、ほこりがの溜まる場所が奥まった場所にあるので、かなり厄介なんですよね。
一応、側面のパネルを外して手入れする方法がありますが、それにしても手入れが面倒です。

PS4の時は、側面に掃除機を当てるだけで手入れが簡単だったので、この点は少々残念に感じました。

一部初期不良があった(アップデート後に完治)

アップデートで改善されたのですが、不具合事例として書きます。

購入から1か月ほど(21年1~2月)は、スリープ状態の時に勝手に本体が強制終了する不具合があり、本体が壊れないかヒヤヒヤしました。

この手の不具合は、発売当初はボチボチあった様です。
現在はなんともなく正常に動作しているので一切問題はありません

まとめ

良かったところ・悪かったところのまとめは↓の通りです。

良かった点

・ロードが爆速
・静音性
・デュアルセンスによる没入感

悪かった点

・ほこりが非常に溜まりやすいデザイン
・一部初期不良があった

結論、PS5はPS4の順当進化ハード、ゲーム好きの人は買うべきです!

それでは、よいゲームライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました